Meeting Register Page

Meeting banner
講演会「文学と感染症―『ペスト』と『隔離の島』をめぐって―」
2020年7月28日(火) 18:30-20:00
講演会「文学と感染症―『ペスト』と『隔離の島』をめぐって―」
講師:中地義和(東京大学名誉教授)
主催:(公財)日仏会館

新型コロナウィルスの世界的流行のなかで、感染症の歴史や感染症を描いた文学があらためて脚光を浴びています。戦後フランスを代表する二人のノーベル賞作家カミュとル・クレジオは、ともに感染症をテーマとする代表作のひとつを書いています。『ペスト』(1947)は、フランスの植民地であった1940年代のアルジェリアの港町オランを舞台に、外部と切断された市民のペストとの闘いを語ります。『隔離の島』(1995)は、19世紀末、かつてフランス島と呼ばれたインド洋西部のモーリシャス島にルーツを持つ作家の祖父が、帰省の船上で遭遇した天然痘騒ぎによる隔離体験に想を汲みます。二作はともに、感染症の脅威とそれに立ち向かう人々の姿をリアルに描きながら、その筆致は対照的です。また、ともに疫病を語りながら疫病以外のことをも語っています。両者を合わせ鏡のように読み解きながら、今日私たちが置かれている状況とこれらの作品がどう響き合うかを考えます。

●講師プロフィール
1952年、和歌山県に生まれる。東京大学教養学科卒、同大学院人文科学研究科博士課程修了。パリ第三大学付属東洋言語文明研究所で日本語講師を務める(1982-83)。85年パリ第三大学博士(第三期課程)。1986年東京大学助手、88年同助教授、1996年同教授。2018年に定年退職。専門はフランス近代文学、とくに詩、なかでもランボー。ランボー作品の翻訳・解説、およびランボー、ボードレール、ヴェルレーヌらの作品論のほか、フランス近代詩の日本における翻訳・受容の問題にも関心を寄せる。また、ル・クレジオ、ロラン・バルト、アントワーヌ・コンパニョンらの翻訳紹介を行なっている。

—————————————————————————————————————————
●参加登録が完了すると、ミーティングへのリンクもしくはURLが記載されたメールが自動的に送られますのでご確認ください。ミーティングのURLは、当日7月28日(火)正午頃にも、再度メールでお知らせいたします。
●当日は18:00より入室いただけます。
—————————————————————————————————————————

Jul 28, 2020 06:30 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Meeting logo
Loading
* Required information