Zoom Logo

3倍速で個人・チーム・組織を改革し、After/Withコロナ時代に対応する方法:第1回|「After/Withコロナはなぜスピードが重要なのか」 - Shared screen with speaker view
岡本 伊津美
03:57
本セミナーでは、以下の 2つの方法でご質問いただけます。① 画面下部の 【チャット 】に投稿する に投稿する→【すべてのパネリストおよび出席者を指定してお送りください。② Zoom の「手を挙げる」ボタンを押す→司会者よりお声がけして、通話できる状態にしますので、お話ください。
岡本 伊津美
04:16
セミナー後に質問・発見・感想をお送り頂く場合は、こちらにお願いします。赤羽雄二: akaba@b-t-partners.com井垣孝之: igaki@law-links.jp
吉田 和弘
13:49
井垣さんのお顔の画面をもう少し上に上げていただけるとありがたいです。資料が隠れてしまいますので。
良寛 上田
15:31
吉田さん、 ESCキーで全画面を解除してみてはいかがでしょう。
吉田 和弘
18:30
上田さん、ありがとうございます。
良寛 上田
21:19
実は自分でも移動できるのですが、移動してもどこかは隠れるので、全画面表示を解除するのがはやいかなと思いました。
井垣孝之
29:26
吉田さん、失礼しました。上田さん、サポートありがとうございます。
晃利 前田
43:49
マイクロマネジメント(事細かに内容を把握したがる)は、メンバーのスピードに対して影響はどうお考えますでしょうか。私は、弊害になると思っているのですが
中島 健一郎
45:18
チームの動きがどうしても遅く感じており、早さと速さという観点でいくと、早く始めて速くこなすためにメンバーへのアプローチとしてどういう工夫が必要でしょうか?
米原 正貢
47:54
自分の組織の立場を守るために資料のレベルアップを要求されたとき、どう対応するのがベターでしょうか。
良寛 上田
49:49
時間をかけることが仕事をちゃんとしていることであるという文化で育ってきた人が管理職、経営者になっていると、なかなか文化は変わらないと思われます。組織文化を変える方法はどのようなものがあるでしょうか。
江里子 佐藤
01:02:12
多分考えていないと思っても、どこかで考えていると思います
M K
01:02:48
個人のスピード感にもいろいろある気がします。動く歩道を歩く?普通の歩道を走る?フライング?
江里子 佐藤
01:02:55
寝かすというのは、並行して仕事を進めていると、別の仕事をしている時も並列でじつは考えているというのが、赤羽さんだと思います。
岡本 伊津美
01:07:33
セミナー後に質問・発見・感想をお送り頂く場合は、こちらにお願いします。赤羽雄二: akaba@b-t-partners.com井垣孝之: igaki@law-links.jp
俊秀 藤倉
01:10:19
ありがとうございました。