webinar register page

Webinar banner
『2030年アパレルの未来』著者:福田稔氏×フルカイテン瀬川/特別対談
~LIVE発表!アパレル業界のビジネスモデル変革の提言!!~

ローランドベルガーのパートナーであり、小売、ファッション、などのライフスタイル領域を中心に、成長戦略、デジタル戦略、グローバル戦略、ビジョン策定など様々なコンサルティングを手掛ける福田稔氏。

執筆された『2030年アパレルの未来 ‐日本企業が半分になる日‐』は、昨年7月に初版以来、Amazon売れ筋ランキングも常に上位をキープし続け、2030年のアパレル産業を見据えた、業界への処方箋とも言われています。

そして、ベビー服のEC経営者として在庫問題による3度の倒産危機を乗り越え、その過程で、売上増加と在庫削減の両立を可能にしたツール『FULL KAITEN』を開発し、今大手アパレル企業からも注目を浴びているフルカイテン株式会社・代表の瀬川。

両者が、2030年に向けての『アパレル業界のビジネスモデル変革』についてライブで提言を行います!!

コロナショックを受けて、日本のアパレル業界は何を変革してくべきなのか。
どのような経営戦略を立てていけばよいのか。

ライブで繰り広げられる提言発表を、ぜひご体感ください!!

Jul 29, 2020 11:00 AM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

Speakers

福田 稔 氏
株式会社ローランド・ベルガー パートナー
慶應義塾大学商学部卒業、欧州IESEビジネススクール経営学修士(MBA)、米国ノースウェスタン大学ケロッグビジネススクールMBA exchange program修了。 株式会社電通国際情報サービスにてシステムデザインやソフトウェア企画に従事した後、2007年ローランド・ベルガーに参画。 消費財、小売り、ファッション、化粧品、インターネットサービスなどのライフスタイル領域を中心に、成長戦略、デジタル戦略、グローバル戦略、ビジョン策定など様々なコンサルティングを手掛ける。ローランド・ベルガー東京オフィスの消費財・流通プラクティスのリーダー。 経済産業省「服作り4.0」をプロデュースし、2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS「クリエイティブイノベーション部門」ACCゴールド受賞。同省主催の「若手デザイナー支援コンソーシアム」にも参画するなど、政策面からのアパレル業界に対する支援も実施。 また、プライベートエクイティファンドの支援を通じた消費財・小売企業に対する投資・再生支援実績は業界トップクラス。 シタテル株式会社や株式会社IMCFの社外取締役を務めるなど、業界の革新を促すスタートアップ企業に対する支援も行っている。
瀬川 直寛
フルカイテン株式会社 代表取締役
慶應義塾大学理工学部で天然ガスの熱力学変化に関する予測モデルを研究。 卒業後はコンパックコンピュータ(現ヒューレットパッカード)、数社のスタートアップ企業を経て、2012年5月にベビー服EC事業を行うハモンズ株式会社を創業。 在庫問題による3度の倒産危機をきっかけに研究を開始し、2017年11月に研究成果をクラウド事業化し『FULL KAITEN』として販売開始。 2018年9月にはEC事業を売却し社名をフルカイテン株式会社に変更。 『今ある在庫』で売上を伸ばし、結果として在庫を減らすという在庫実行管理~IEM~という考え方は大きな反響を呼び、日々問い合わせが寄せられている。 またそのIEM実現ツールである、AIと独自のテクノロジーを組み合わせたクラウドサービス『FULL KAITEN』は、全国の大手アパレル企業やスポーツメーカー、楽天市場のショップオブザイヤー受賞店舗などに導入されている。