webinar register page

Webinar banner
コロナ復興フェーズに備える!米国製造業の人材/DX対策
米国でのワクチン接種者は人口の1割を超え、バイデン新大統領が7月4日の独立記念日に正常化宣言をするとの観測がでてくるなど、いよいよコロナ禍に終息の兆しが見えてきました。民主党政権は、米国内での生産の促進、「バイ・アメリカン」政策を推進する方向で、コロナ復興フェーズにおいては米国製造業は空前の高稼働率になるのではと言われています。
一方でコロナ変異種の発生や、不安定なサプライチェーンなど状況は流動的で、この夏から秋頃と予想されるコロナ復興フェーズには十分な対策が必要です。そのなかでもとくに重要なのが、働き手となる「人材」の確保と、ITを活用したいわゆる「DX」の対応です。
本Webinarでは、在米の日系製造業がどのように備えをとっていくべきか、法律とITのそれぞれのプロフェショナルがお話させていただきます。

1.米国弁護士からみた戦略的”Recruitment&Retention”プラクティカルアドバイス
 SGR法律事務所、パートナー、小島清顕

2.製造業DXの傾向と、アメリカにおける有効なDXの進め方
 Business Engineering America、プレジデント、館岡浩志

◆日時:
  2021年4月22日(木) 16:00-17:00 EDT
  2021年4月22日(木) 15:00-16:00 CDT
  2021年4月22日(木) 14:00-15:00 MDT
  2021年4月22日(木) 13:00-14:00 PDT

◆参加費:無料

◆使用言語:日本語

◆ご登録者には後日資料と録画配信のご案内を予定しています。

◆主催:スミス・ガンブレル&ラッセル法律事務所
    Business Engineering America, Inc.
 共催:ウィングアーク1st株式会社
    株式会社シムトップス
    株式会社パトライト

◆お問合せ:館岡(ktateoka@bengmcframe.com)

◆講演詳細(予定)
1.米国弁護士からみた戦略的”Recruitment&Retention”プラクティカルアドバイス
 - 各州の労働省・地元労働局等と常時コンタクトを保ち、労働状況や、トレーニング・リクルートイベント等につきパルス確認・情報を収集。
 - 近辺のCommunity Collegeやチャーター高校等とのタイアップで人材へのコネクションを作り上げる工夫を(InternshipやApprenticeの御検討)。
 - 米国にいる外国人留学生を、ビザや永住権スポンサーでリクルート(特にSTEM系・エンジニア系等)。
 - 給与+Benefits で米系企業に負けない魅力づくり
(健康保険(+Vision, Dental)、Long Term Disability &Short Term Disability Insurance、FSA (Flexible Spending Accounts)、HSA (Health Savings Accounts)等)。

2.製造業DXの傾向と、アメリカにおける有効なDXの進め方
 先日発表された日本経産省の「DXレポート2」によれば、DXが成功している企業はわずか5%しかありません。4月にドイツでオンライン開催される製造業イベント「Hannover Messe」の情報などを交えながら、これから必須とされているDX対応をどのように米国で進めていけばよいのか、具体例を使いながらお話させていただきます。

 ◆◇◆「コロナ復興フェーズ対策!米国製造業のDXソリューション実践編」◆◇◆
 5月11日開催。ご紹介したDXソリューションをより具体的にご紹介します。
 ご登録はこちらから→https://us02web.zoom.us/webinar/register/8916165560277/WN_srAcFW3GR66rRJgLXawLMA

※Webinar内容は予告なく変更となることがあります。

Apr 22, 2021 03:00 PM in Central Time (US and Canada)

* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register
ご登録の情報は、主催/共催各社からの営業活動、および製品/サービスに関する情報のお知らせなどに利用させていただきます。

Speakers

小島 清顕
Partner @SGR法律事務所(www.sgrlaw.com/practices/japan-practice-team/)
日本出身(地元:神奈川県小田原市)、幼少期から米国在住。ロチェスター大学 (NY 州)で政治学・経済学を二重専攻し卒業。同時期にイーストマン音楽学校にて ファゴットを学ぶ。学位取得後、インディアナ大学ロースクールと音楽校に同時進 学。JD 取得後、2003 年からホームタウンのジョージア州アトランタ市を拠点に米国 各地で弁護士業務を営む。専門業務として、法人設立やコンプライアンス・再編等 に伴う相談、交渉・各種取引アドバイス、M&A・JV・共同開発・ライセンシング案件、 雇用・労務案件、社内ポリシー作成や遂行、紛争防止・対応(特に調停と仲裁)、知的財産管理・保護・活用、企業誘致・土地選定・インセンティブ交渉と文書化、その他各種幅広い法務に対応。SGR 法律事務所にパートナー弁護士として在籍、 Japan Practice を立ち上げる。
館岡 浩志
President @Business Engineering America, Inc.
ミシガン州立大学卒。前職では中国拠点の立上げなどを担当。 現職ではグローバルERP「mcframe GA」の初代プロダクトマネージャとして製品企画・リリースを担当、プロジェクトマネージャとしても3年間で12社のグローバル案件を実施。 製造業向けIoTソリューション企画を経て、2018年春より北米地域のお客様をITのチカラでご支援すべく、米国拠点設立とともにシカゴ駐在中。