webinar register page

Webinar banner
5年先まで成果を出し続けるポストCookie時代のデータマーケティングとは
データを活用したマーケティング活動の重要度が増す中、その存在はより事業の中心として中長期での構築・活用が前提となってきています。環境の変化が激しいマーケティング環境の中で、成果を出し続けるデータマーケティングの仕組みをどのように社内に構築するべきなのか。CookieやIFAなどの技術的ハードルが高まっている中、企業はどのように生活者ごとの行動を資産としていくことができるのか。株式会社インティメート・マージャー代表の簗島氏、株式会社Legolissデータアーキテクトの加藤が未来につながるデータマーケティングの仕組みついて語ります

Oct 28, 2020 12:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register

Speakers

簗島亮次
株式会社インティメート・マージャー 代表取締役社長
2010年 世界最大級の統計アルゴリズムコンテストRSCTC2010DiscoveryChallengeにて世界3位。同年、グリー株式会社へ入社。更なるデータ活用ビジネスを志向し、株式会社フリークアウトへ。2013年 当社を創業し、代表取締役に就任。データサイエンティストというアカデミックな視点と経営者としてのビジネスの視点から、さまざまな業界の課題解決をデータ活用にて支援。
加藤英也
株式会社Legoliss データアーキテクト
株式会社セプテーニでSEM入札ツールの開発や、アクセス解析ツールを活用したユーザビリティなどテクノロジーとウェブマーケティングを掛け合わせたコンサルティングを推進。その後、サイバーエージェントにてアドテクノロジー領域の事業推進、エンジニアとして配信システムやターゲティングシステムの開発に従事したのち、Legoliss入社。現在は主にCDP関連のコンサルティング、テクニカルアドバイザーやビジネス開発・広報を担当。