webinar register page

エンタテインメントとしてのメタバース活用の法的課題
仮想的な三次元空間である「メタバース」の関連サービスは、情報端末の性能や通信インフラの発達に伴い、その活用の機運が高まっている。Facebook社が同分野への注力を表明し、「Meta」へと社名変更したことは注目を集めたが、コロナ禍での生活様式の変化も相俟って、同社事業を問わず様々な可能性が議論されている。そこでは、メタバース内のデジタル資産のNFTによる管理など、「web3」トレンドとの関連性も意識されるものの、メタバースの利活用に向けた本格的な議論は緒に就いたばかりである。本シンポジウムでは、エンタテインメントとしてのメタバース活用という視点から、その可能性や法的課題を俯瞰する。
登壇者(順不同・敬称略)
小塚荘一郎(学習院大学法学部教授)
本城嘉太郎(monoAI technology株式会社 代表取締役社長)
福井健策(弁護士 ELN理事)
増田雅史(モデレーター/弁護士)

May 28, 2022 01:15 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

* Required information
Loading