webinar register page

Webinar banner
国家が市民を殲滅するとき−人間屠殺場としてのシリア秘密刑務所の全貌、集団殺戮のメカニズム
NPO法人Stand with Syria Japan(SSJ)では、12月19日、20日、25日の日程で3回連続オンライン講座「シリアにおける秘密刑務所と拘束、拷問、失踪、そして処刑。」を開催いたします。この連続講座では、シリアにおいて発生する組織的人権侵害である「強制失踪」と「拷問」に焦点を当てて、市民を迫害し続けるおぞましい実態を専門家より解説いたします。

第二回目講座 [2020年12月20日(日)]:
セミナーで焦点を当てている、「強制失踪」とは、国家や政治組織が恣意的・強制的に市民を失踪させることです。シリアでは、2011年3月以降で少なくとも148,191人の市民が恣意的に拘束され、刑務所に拘禁されている、または、行方が分かっていません。このうちのおよそ90%、すなわち、130,758人がアサド政権により失踪させられています。
拘束された市民は、シリア全土に広がる無数の収容施設、地下刑務所に拘禁され、我々の想像を凌駕する70種類以上の拷問にさらされます。国際的人権組織であるAmnesty Internationalはシリアの首都ダマスカスに存在する秘密刑務所の実態を「人間屠殺場」と表現しました。

当ウェブセミナーでは、この問題の専門家として活動するSSJ理事長であり、東京大学大学院博士課程(ジェノサイド研究)の山田一竹より、シリアにおいて不当に拘束された一般市民が拘束後に辿る道、秘密刑務所での生活、拷問の種類と特徴、解放と処刑について、そして、戦術として国家が国民を殲滅する「メカニズム」を徹底解説いたします。山田はこの問題を専門とする世界でも数少ない研究者であり、研究のベースとしてこれまで数百人のサバイバー、犠牲者家族から聞き取り調査を実施しており、その知識は確実なものだと言えます。当セミナーでも、幅広い被害者の実際の証言や画像を取り扱うことになります。2時間に及ぶこの講座は、またとない貴重な機会となりますので、皆様奮ってご参加ください。

----セミナー詳細----
国家が市民を殲滅するとき−人間屠殺場としてのシリア秘密刑務所の全貌、集団殺戮のメカニズム−
◇日時:2020/12/20(日) 20:00-22:00 [日本時間]
◇会場: Zoom
◇言語:日本語
◇参加費:1,000円

◇プログラム
20:00 セミナー開始
20:00 メイン・トーク
「殲滅作戦としての人間屠殺場。秘密刑務所の実態、そこで繰り広げられる拷問」
   ・山田一竹(SSJ理事長・東京大学大学院博士課程[シリア強制失踪・拷問研究専門])
21:30 会場とのQ&A
22:00 閉会
[司会進行] SSJ副理事長 山澤宗市
-----

*参加料は、シリア現地での人道支援・活動費に充当されます。

Dec 20, 2020 08:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: SSJ (admin).