webinar register page

空気調和・衛生工学会シンポジウム(東京/オンライン)“熱源構成機器性能の経年変化の実態に基づくライフサイクルマネジメント”
業務用建物の消費エネルギーの3分の1を占める熱源システムは、既存ストックが非常に多いこともあり、カーボンニュートラルに向けて熱源構成機器性能の保全・維持はこれまで以上に重要性が高くなりつつある。一方で、建築設備全般の保全計画は、メーカー推奨の保全計画や劣化と保全の関係性を理論的に表わしたモデルを基本とすることが多く、また学術的な検討もメンテナンス記録による故障・トラブルなどに着目した検討が多いこともあり、現状では故障・トラブル対応が保全・維持の中心となっている。しかしながら、今後エネルギー使用量(効率)にも着目したライフサイクルマネジメント(LCM)にシフトしていく必要があり、さらに踏み込んだ検討が望まれる。なおこの現状は、熱源機器効率の評価が難しい事に起因し、効率の劣化度合いを表す評価手法が未整備であることが要因であると考えられる。したがって、BEMS等のデータの収集や分析の技術的な進歩にもかかわらず、実際に劣化回復と保全の関係性をデータで示された例は非常に少ない現状にある。
このような背景を受け、熱源システムLCM検討小委員会においては、エネルギー使用量(効率)にも着目したライフサイクルマネジメントの実現を目的として、長期BEMSデータを活用した熱源システム構成機器の性能変化評価手法について、調査、検討、議論を重ねてきた。本シンポジウムでは、本小委員会での現状での検討成果について報告すると共に、性能変化評価手法を適用する場合の課題、手法の援用の可能性、さらには性能評価に基づくカーボンニュートラルを見据えた、新たな熱源システムのライフサイクルマネジメントの可能性等について議論する。

Dec 7, 2021 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: SHASE学術系.