webinar register page

Webinar banner
This webinar is for users with a Zoom account. New to Zoom? Sign up free.
ロプン・ツェリン・ゴンポ:ランリ・タンパ著の『心を訓練する八つの詩頌』の解説
ランリ・タンパ『心を訓練する八つの詩頌』の解説
「普く善き我が師の口伝」発菩提心の章120ページ(「虹の階梯」中公文庫版では336ページ)から始まる(今回の本講義の根本テキストの著者)ゲシェ・チェカワの逸話にあるように、ゲシェ・チェカワはまさにこのテキストを読んで、ラサに行きランリ・タクパに教えを乞うことを決意されました。
ゲシェ・チェカワにとって、このテキストこそ「心の訓練=ロジョン」との出会いです。その後6年間(伝記では13年間)のロジョンの学びと実践とが、本講義の「ロジョン・ドンドゥマ」に結集したという流れになります。

【言語】
チベット語⇔日本語通訳
通訳は三浦順子先生

【ご参加】
無料 
事前申込が必要です。下記の申込フォームをご利用ください。
Nov 7, 2020 07:00 PM
Time shows in
Webinar logo
* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register

Speakers

Lopon Tsering Gongpo ロプン・ツェリン・ゴンポ
仏教博士・教師 @サンド・パーリ・インスティテュート サンボータ・トランスレーショングループ
ロプン・ツェリン・ゴンポは現在、パトゥル・リンポチェの補佐として世界のゾクチェンセンターで指導をされています。2020 年現在 47歳。ニンマ派としては最も伝統のあるチベット本土のゾクチェン寺付属シュリー・スィンハ五明仏教大学のケンポ(仏教博士)位を得ておられます。  中国の文化大革命が終わり、チベットで僧院活動が黙認され、同大学が再開されると、ダルマを求めて、その1期生として入学されました。12年間大学で勉強したあと故郷アムドの小さな寺に入りました。そこは僧が彼以外おらず、ンガッパ ( 在家修行者 ) と在家信者に教えを説いていました。 学ぶ人がだんだん多くなり 25 人くらいになりました。中国政府から信者を 15人まで減らすように強要されました。ケンポが主催する寺は何人までという制限があるからです。 しかしロプンは誰に対しても出ていくように言うことができず、しかたなく自分が去ることに決め、その後亡命されました。 日本には2007年から毎年のように来日され、シュリー・スィンハ五明仏教大学の教えに基づいて法輪を回しておられます。
三浦順子 Junko Miura
チベット語の通訳・翻訳官
西宮市生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。インドのダラムサラに滞在し、チベット難民と共に4年間を過ごす。帰国後からチベット関係の翻訳や通訳にたずさわる。 翻訳書「夜明けの言葉」ダライ・ラマ著「ダライ・ラマ宗教を語る」(春秋社)2011「ダライ・ラマ 宗教を越えて」(サンガ)2012 等々