webinar register page

Webinar banner
オンライン集会&政府との意見交換会 やんばるの森を真の世界自然遺産へ
世界的にも重要な生物多様性に富む地域である沖縄島北部のやんばるの森が、世界自然遺産に登録されました。
かけがえのない生態系や生物多様性の普遍的な価値が、国際的にも認められ、日本政府は、この地域の自然を保護していく国際的な責任を負ったことになります。
しかし、隣接する米軍北部訓練場が、この地域の自然や人々の生活の脅威になっているのです。
北部訓練場と自然遺産登録地は、地図上では長く曲がりくねった境界線を共有しており、北部訓練場におけるオスプレイなどによる低空飛行は、訓練場内および連続する自然遺産登録地に生息するノグチゲラやヤンバルクイナなどの貴重な野生生物に大きな影響を与えています。ヘリコプター、特にオスプレイの騒音や低周波音、排気ガスは、越境した場合や境界線付近を飛行するだけでも、自然遺産地域の森林と野生生物に大きな悪影響を与える可能性が高いことが指摘されています。
また、登録地には、北部訓練場の「返還地」が含まれていますが、薬莢、空砲、不発弾、その他の米軍の廃棄物が未だに残されたままです。この問題を指摘し続けた蝶類研究者・宮城秋乃さんは、米国海兵隊北部訓練場ゲート前に、訓練場返還地部分で発見された米軍廃棄物を少量置いたことが、「威力業務妨害」にあたるとして、沖縄県警から不当捜査を受け、書類送検されました。

今回の世界自然遺産の登録に伴うこれらの問題について考える、オンライン集会および政府との意見交換会を開催します。

日時:2021年9月21日(火)
オンライン集会:13:00-14:00
「やんばるの森の実状ーこれで本当に世界自然遺産?」宮城秋乃さん/蝶類研究者
「やんばるの森ー世界遺産登録の持つ意味は?」吉川秀樹さん/Okinawa Environmental Justice Project
ほか

政府との意見交換(予定):14:30-16:00
相手方:防衛省、環境省
1.北部訓練場での訓練について
2.北部訓練場と自然遺産登録地の境界について
3.返還地の汚染および米軍廃棄物について

※参加無料
※YouTubeでも配信します
https://youtu.be/rv5kGt4LTIU

Sep 21, 2021 01:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: FoE Japan.