webinar register page

トランプからバイデンへ:米国の気候変動政治・政策・市民運動の最前線
コロナ禍のさなか、世界各地で異常な熱波、水害、山火事が発生しています。果たして世界の市民社会は、気候危機にどのように立ち向かっているのでしょうか?どのように政府を動かして問題の解決を導こうとしているのでしょうか?このオンラインセミナーでは、”Solidarity for Climate(気候のための連帯)”と題して、諸外国の気候危機の現状や、政府の気候政策、市民の気候アクションについて共有し、日本の果たすべき役割とチャンスについて考えます。

12月18日は、米国で気候変動政策や国連気候変動交渉への提言を続けてきた専門家や、米国内の経済格差や人種差別に対処しながら気候危機に立ち向かう市民運動のリーダーを招いて、バイデン新大統領の就任を控える米国の最新動向を紹介いただきます。また、日本へのメッセージについてもたっぷりとお話を聞きます。参加登録の上、ぜひ奮ってご参加ください。


日時:2020年12月18日(金)夜
【日本語音声】18:00〜19:40(Zoom開場17:50頃)
【英語オリジナル音声】19:50〜21:30(Zoom開場19:40)

Dec 18, 2020 06:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: Climate Action Network Japan.