webinar register page

環境と公害セミナー「原子力発電の後始末」
環境と公害セミナー「原子力発電の後始末」

主催:日本環境会議・『環境と公害』編集委員会
共催:放射性廃棄物科研研究会(代表:一橋大学 山下英俊)、原子力市民委員会
日時 2021年2月26日15〜17時

趣旨:
日本環境会議(Japan Environmental Council:JEC)・『環境と公害』では、『環境と公害』の特集テーマに関連したセミナーを随時開催しています。本セミナーもその一環として開催されています。
本セミナーでは、『環境と公害』50巻3号(2021年1月号)の特集に基づき、今後重要となる「原子力発電の後始末」についての課題を報告し、ディスカッションします。ぜひご参加いただきますよう、お願いいたします。

本セミナーは、福島原発事故から10年を迎えて開催される「第5回『原発と人権』全国研究・交流市民集会inふくしま」のシリーズ分科会の1つとしても位置づけられております。

※『環境と公害』についてはhttp://www.einap.org/kogaiken/をご覧ください。

本セミナーのプログラム
・司会 大島堅一(龍谷大学)
1) 「原子力発電がのこした負の遺産処理に向けて」大島堅一(龍谷大学)
2)「福島第一原発廃炉計画の批判的検討 ー燃料デブリ長期遮蔽管理方式の提唱ー」筒井哲郎(プラント技術者の会・原子力市民委員会)、滝谷紘一(原子力市民委員会原子力規制部会)
3)「ALPS処理汚染水問題が問いかけるもの —意思決定前に政府がなすべき4つのこと—」満田夏花(FoE Japan)
4)「放射性廃棄物問題の全容と課題 ー国民的議論の出発点の再定位に向けてー」 茅野恒秀(信州大学)
5)「行き詰まる再処理・核燃料サイクル」 松久保 肇(原子力資料情報室)

Feb 26, 2021 03:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: 大島堅一.