webinar register page

Webinar banner
適正包装設計のための緩衝材設計
適正包装設計のためには、緩衝材料毎に衝撃吸収特性データ(クッションカーブ)を把握しておく必要がある。
クッションカーブと製品の損傷境界曲線を組み合わせることで、緩衝材料の適切な厚み、面積が算出でき、適正包装設計に繋がる。
ここでは、クッションカーブを同定するための試験装置と試験規格(JISZ0235)とともに、緩衝材料設計のための具体的計算手順を解説する。

Mar 10, 2021 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: 和晃 川口.