webinar register page

新型コロナウイルス感染症をめぐるリスク学からのアプローチ
企画趣旨:
1年前のシンポジウムでは、新型コロナウイルス感染症の問題に対してリスク学の知見がどのように生かされるのかについて議論しました。本オンライン・シンポジウムでは、リスク学の知見が実際にどのように生かされたのか、いくつかの事例を紹介してもらいながら、感染症リスク、さらには、エマージングリスク全般に対してリスク学にどのような貢献ができるのか(できたのか)考えてみたいと思います。

開催日:2021年6月18日(金)
参加費:無料
プログラム
14:00- 開会あいさつ 岸本 充生(日本リスク学会理事、大阪大学)
14:05- 「新興リスクとしてのコロナウイルス感染症を克服するリスクガバナンスの設計」藤井 健吉(花王株式会社 衛生科学研究センター ) 
14:30- 「マスギャザリングイベントにおける解決志向リスク学研究の実践」村上 道夫(福島県立医科大学 医学部)
14:55- 「新型コロナウイルス対策における線引き問題―レギュラトリーサイエンスの視点から―」永井 孝志(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境研究部門)
15:20-16:00 総合討論

Jun 18, 2021 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

* Required information
Loading