webinar register page

■◎◎7月度JiF観光立国実践会オープンセミナー◎◎■■
■■◎◎7月度JiF観光立国実践会オープンセミナー概要◎◎■■

☆☆詳しい情報はJiF公式サイトのこちらから↓↓(登録・参加無料)☆☆
https://jif.or.jp

7月のテーマ:
「観光分野における危機管理と、食のダイバーシティ戦略を考える!」

◎◎7月度JiF観光立国実践会オープンセミナー◎◎
(16:30~18:45)
2022年7月20日(水)
開場16:15
開会16:30


◇総合司会(MC):佐々木茜(あかね)氏(JIF運営委員、㈱ビヨンド所属)

◆実践会第1セッション “実践トークライブ” (16:30-17:25)
第一部:16:30−17:30
テーマ:
「ツーリズムにおけるまさかの災禍、“観光危機”に備える方法!~コロナ・災害・危機への対処戦略~」

スピーカー:高松 正人氏 【観光レジリエンス研究所 代表】
≪観光危機管理分野の第一人者≫


<高松 正人氏 プロフィール>
1982年株式会社日本交通公社入社後、
ツーリズム・マーケティング研究所代表取締役社長、JTB総合研究所常務取締役観光危機管理研究室長を経て、2020年より現職。
WTTC、UNWTO等国際機関の専門委員として活躍する一方、日本における観光危機管理の草分け、第一人者として、沖縄県をはじめとする国内外の観光危機管理や観光復興関係業務に数多く関わる。
国連防災機関(UNDRR)傘下の民間ネットワークARISEの日本代表、観光庁の新型インフルエンザ感染予防対策アドバイザー等を務める。
観光庁インバウンド受入実証実験事業におけるガイドライン作成アドバイス等も担当。

◇聞き手
・吉川健一氏 JiF副幹事長【㈱BRICK’s代表取締役社長】


◇コメンテーター
・中村好明 JiF理事長

・質疑応答 (チャットでの質問に応える形式)


◆実践会第2セッション “特別鼎談” 17:30-18:45

テーマ:「伝統と革新~食のダイバーシティ対応は伝統の味を守りながら未来をつくるため!」

〇スピーカー:青木裕典氏【大久手山本屋専務取締役】
≪味噌煮込みうどん山本屋5代目≫

1990年 名古屋市出身(愛知県立瑞陵高校 中京大学心理学部卒)
2013年 大学院在学中、ITベンチャー企業 SORABITO株式会社の創業に関わり、建設機械業界のマーケティング、営業を担当。
2015年 家業である有限会社山本屋(大正14年創業)に入社し、創業100年の家業をさらに持続可能なものにしていくために、5代目としての攻めと守りをテーマに活動している。
食品、マーケティング、まちづくりの分野で名古屋大学など各大学、名古屋市役所、愛知県庁などの行政機関、クラーク国際高校や各種NPO団体での登壇、自社におけるSDGsの取り組みなども発信している。最近は特に食の多文化共生対応の重要性を発信している。趣味はHIPHOP。

〇スピーカー:守護彰浩氏【代表取締役】
≪食のダイバーシティの第一人者≫

【守護彰浩氏プロフィール】
石川県白山市出身。千葉大学卒。

楽天株式会社を経て、2014年1月より6カ国語で日本国内のハラール情報を発信するポータルサイトHALAL MEDIA JAPAN 運営のほか、国内最大級のハラールトレードショー・HALAL EXPO JAPAN を4年連続で主催。

2018年4月からベジタリアン事業にも注力し、中国語でのベジタリアン情報サイト「日本素食餐廳攻略」をスタート。

2020年には英語圏のベジタリアンに情報を届けるために、世界最大のベジタリアンアプリである HappyCow と日本企業で唯一の業務提携を交わす。フードダイバーシティをコンセプトにハラール、ベジタリアン、ヴィーガン、コーシャなど、あらゆる食の禁忌に対応する講演やコンサルティングを提供中。 また同年には総理大臣官邸で開催された観光戦略実行推進会議にて、菅前総理大臣に食分野における政策を直接提言した。

聞き手:中村好明氏【JiF理事長】

◇コメンテーター
・道越万由子副幹事長【㈱ビヨンド代表取締役】
・吉川幹事長【㈱ブリックス社長】


・質疑応答(チャットでの質問に応える形式)

19:00-20:30  
第二部:実践会交流会

※なお、第二部は、ウェビナーとは違うZoomのID/PWが必要です。会員及び会員からの紹介者のみ参加可能となります。
※ブレイクアウトセッションを設定してネットワーキングの時間を設けます。

Jul 20, 2022 04:30 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: .