webinar register page

対応迫る気候危機に、企業はどう対応し、どう発信するか
気候変動はどの企業にも関わる喫緊のESG課題。各社の取り組みが進む一方で、COPで日本が化石賞を取るなど、世界におけるプレゼンスは低く、2030年の削減目標までの道のりは険しい、というのが実情ではないでしょうか。

迫る気候危機への対応として、企業にもTCFDをはじめとする気候変動対応の情報開示が強く求められています。IR・ESGご担当の方々にできることを改めて考えるべく、エネルギー政策を専門とする黒崎美穂氏をお迎えし、ウェビナーを開催いたします。

まず、国内外で議論されている気候変動に関わる動向を、政府・エネルギー・投資家の視点からおさらいし、そのうえで日本企業にとってのリスクや機会、TCFDを含んだ投資家への情報提供の在り方や期待することについてお話いただきます。後半は、皆さまからのご質問にお答えいただくディスカッション形式での進行を想定しております。

皆さまからのご参加・ご質問をお待ちしております。

● 開催日時:12月8日(水) 14~15時

● スピーカー 黒﨑 美穂プロフィール
ブルームバーグNEF 日本オフィス代表 兼 アジア太平洋ESG部門長
ブルームバーグNEF、日本韓国市場分析部門長を経て現職。2021年、首相官邸の気候変動推進のための有識者会議の委員、2020年に環境省の石炭火力発電輸出ファクト検討会の委員、2018年には外務省の気候変動に関する有識者会合の委員を務める。2007年よりロンドンのTrucost社にて環境リサーチアナリストを経験し、2009年にブルームバーグ社に入社。ESG(環境、社会、ガバナンス)アナリストとして、ESGデータと分析ツールの立ち上げを行う。RE100の独立アドバイザーも務める。
慶應義塾大学経済学部卒。Imperial College London環境ビジネス修士号取得

● ウェビナ―主催企業:i-Cueについて
株式会社i-Cueは、上場企業の決算説明会・株主総会等のIR動画の制作、金融商品の紹介・解説動画やマーケティング支援を行なう。ESGやESG投資に取り組む方々のためのナラティブシェアサイトNarrative(https://www.narrative-
esg.com/)を21年より運営。

Dec 8, 2021 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

* Required information
Loading
ご回答をいただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシー(https://www.i-cue.jp/privacypolicy/)に沿って管理させていただきます。