webinar register page

Webinar banner
第19回 畜産ネットワークセミナー 「 エコフィードの現状と課題 」
【開催趣旨】
「畜産ネットワーク(NW)」には持続可能な畜産の実現を目指して10の研究開発プラットフォーム(PF)が参加しています。今回は、 (情-50)「南九州畜産研究開発プラットフォーム」から報告していただきます。
2001年に食品リサイクル法が施行され、エコフィードに関する取組が始まりました。当初、順調にその生産量は増加しました。2015年国連が採択した持続可能な開発目標(SDGs)の、「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」という目標の一つの中(目標12)で食品ロス削減が取り上げられたこと*が追い風になると思われましたが、近年、エコフィードの生産量は伸び悩んでいます。過去20年間の取組を振り返りつつ、エコフィードの現状と課題について検討します。
*)目標12:持続可能な消費と生産のパターンを確保する。「毎年、生産される食料全体の3分の1に相当する13億トン、価値にしておよそ1兆ドルの食料が、消費者や小売業者のゴミ箱で腐ったり、劣悪な輸送・収穫実践によって傷んだりしています。」

【主催】    『「知」の集積と活用の場』* 畜産ネットワーク
【開催日時】  2021年1月22日(金) 15:00~16:00 
【形態】     Zoomウェビナーによるオンラインセミナー
【参加費】   無料
【定員】     100名 (原則として申込順)

【開催次第】
  (1)講演  「エコフィードの現状と課題」
     講演者 宮崎大学農学部教授         川島知之
  (2)質疑応答


 *『「知」の集積と活用の場』は、農林水産省の登録商標です。

 入力された個人情報は本セミナー開催目的以外には使用いたしません。

Jan 22, 2021 03:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: 畜産 ネットワーク.