webinar register page

シモーヌ・ド・ボーヴォワールへの現代日本のまなざし | Simone de Beauvoir through the Lens of Modern-Day Japan
シモーヌ・ド・ボーヴォワールの作品の著作権承継人で哲学者のシルヴィ・ル・ボン・ド・ボーヴォワールが、シモーヌ・ド・ボーヴォワールの未刊の自伝的作品『離れがたき二人』を紹介します。この作品は、少女たちを妻と母の役割にはめ込み自由でものを考える女性となることを禁じようとする世間や、身持ちのよい女性を育てる性と知識の教育に反抗する二人の少女たちを描いています。

 今回のシンポジウムは、この未刊の作品の紹介だけにはとどまりません。日本の人々が、近代フェミニスムの創始者とその作品を、現代のフェミニストたちの闘いの中に位置づけながら、発見、あるいは再発見する機会ともなるはずです。

Sylvie Le Bon de Beauvoir, philosopher and rights holder of the work of Simone de Beauvoir, introduces us to “Inseparable” (“Les inséparables”), an unpublished work by Simone de Beauvoir. This autobiographical text depicts the sexual and intellectual education of two girls who rebel against the world’s attempts to deprive them of free thought and force them into becoming wives and mothers in service to society.

This symposium is not only an introduction to this unpublished work, but also an opportunity for the people of Japan to (re-)discover a founder of modern feminism and her works, as well as place her in context with the struggles of today’s feminists.

Dec 10, 2021 05:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

* Required information
Loading