webinar register page

Webinar banner
手話で創る脚本教室 公開座談会「手話による脚本の創り方を考える」

Mar 20, 2021 05:20 PM

* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register

Speakers

今井雅子
広告代理店コピーライターの傍ら脚本家デビュー。主なテレビ作品に連続テレビ小説「てっぱん」、「おじゃる丸」、「昔話法廷」(以上NHK)、「ミヤコが京都にやって来た!」(ABCテレビ)、「アイカツプラネット!」(テレビ東京)。主な映画作品に『パコダテ人』、『子ぎつねヘレン』、『嘘八百』、『嘘八百京町ロワイヤル』。小説、エッセイ、作詞も手がける。大阪府堺市の中学校の必修クラブで手話を、高校時代の留学先のアメリカでASLをかじり、社会人になってから手話講習会で再び手話と出会う。
早瀬憲太郎
ろう児対象の学習塾を経営する傍ら2001年より映像製作に関わり脚本の書き方を学ぶ。2009年「ゆずり葉」で長編映画の監督と脚本、2020年8月全国公開された映画「咲む」で監督と脚本をつとめる。「咲む」では初めて手話で考え手話で創る手話脚本に2年半かけて取り組む。日本語翻訳も自ら行いエンドロールでは【監督・翻訳・脚本】とクレジットされた。2022年5月ブラジル開催のデフリンピック自転車競技で最速脚本家を目指す。