webinar register page

10/26(月)18:00 国別説明会【マラウイ:リロングウェ地域の都市衛生の改善】
国連開発計画(UNDP)は様々な社会・環境課題の解決策を模索するため、2019年より、世界60ヵ所に「UNDP Accelerator Labs(A-Labs)」を展開してきました。この度、5カ国のA-Labsが特定したSDGs関連の課題に対して、UNDPとJINが共同運営する「SDGs Holistic Innovation Platform(SHIP)」のノウハウを活用して、日本企業がこれらの課題の解決を追求する「Japan SDGs Innovation Challenge for UNDP Accelerator Labs」を実施することになりました。本プロジェクトは内閣府からUNDPへの資金拠出を原資として実施します。

この事業は、5ヵ国のA-Labsが特定した課題について、日本企業の技術・ノウハウ・ネットワークを活用した課題解決をA-Labsと日本企業が共同で検討します。現地の課題と日本企業の強みを単純にマッチングするのではなく、ビジネスを通した課題解決のための初期プロセスである「持続可能なビジネスモデルの構築とその検証」を国連機関と日本企業が共同で行います。

地球規模の課題解決にイノベーション活動やビジネス活動を通じて取り組みたい企業、自社の強みを社会課題の解決に活かしたい企業、国際機関と協業してSDGs達成に貢献されたい企業を募集しています。

事業開始に伴い、対象5ヵ国で解決をめざすSDGs課題の詳細と日本企業への期待に関する説明会を開催しますので、ぜひご参加下さい。

【マラウイのプロジェクト内容】
リロングウェ地域の都市衛生の改善

【マラウイ説明会】
10月26日(月)18:00-19:00
※下記に必要事項をご記入の上、お申込み下さい

[プログラム]
1. 本事業の概要説明
2. 解決をめざす課題の詳細と日本企業への期待(UNDP現地事務所からの説明)
3. 質疑応答

[参加費] 無料 [言語] 英語

・・・Japan SDGs Innovation Challenge for UNDP Accelerator Labsについて・・・

[事業内容]
5ヵ国のUNDP Accelerator Labs(A-Labs)が特定したSDGsに関連する課題について、日本企業の技術・ノウハウ・ネットワークを活用した解決策(ビジネスモデルの構築と検証)をA-Labと日本企業が共同で検討
⇒概要説明資料および動画
 https://www.sdgs-ship.com/news/20200920

[募集対象]
自社の強みを活かしてSDGsの達成をめざす日本の民間企業
⇒応募要領
 https://www.sdgs-ship.com/news/20201013

※本事業は具体的な技術などをご提供頂ける企業との連携を企図しており、コンサルティング会社や非営利団体はご応募対象外となります。
※日本企業の海外現地法人のご応募も可能です。
※本事業は参加企業とUNDP各国事務所が共同で推進するもので、使用言語は英語となります。
※複数国への応募も可能です(各国毎に応募書類をご提出下さい)。

[スケジュール]
1. 概要説明ウェビナー[終了]:9月15日(火)・16日 (水)
2. 参加企業募集開始:10月13日(火)
3. 国別説明会:10月下旬
4, 応募締切:11月11日(水)日本時間18:00
5. 選定結果発表:11月下旬予定
6. プロジェクト実施:契約締結次第、順次~2021年3月末

[主催] UNDP Accelerator Labs(https://acceleratorlabs.undp.org/)

[運営協力] SDGs Holistic Innovation Platform(UNDPとJINの共同運営)

Oct 26, 2020 06:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: SHIP事務局.