気候危機と市民社会:EUのグリーンリカバリーと気候政策の最前線
コロナ禍のさなか、世界各地で異常な熱波、水害、山火事が発生しています。果たして世界の市民社会は、気候危機にどのように立ち向かっているのでしょうか?どのように政府を動かして問題の解決を導こうとしているのでしょうか?日本が学ぶべきことは何でしょうか?

このオンラインセミナーでは、”Climate Solidarity(気候の連帯)”と題して、諸外国の気候危機の現状や、政府の気候政策、市民の気候アクションについて共有し、日本の果たすべき役割とチャンスについて考えます。

まず、10月9日は、30年以上に渡ってEUの気候変動政策や国連気候変動交渉への提言を続けてきた専門家を招いて、EUの気候変動政策の最前線について紹介いただきます。EUが進めるコロナ経済危機からのグリーン・リカバリー、欧州気候法、国別約束(NDC)の排出削減目標の引き上げや、市民やビジネスの気候アクションについて、たっぷりとお話を伺います。奮ってご参加ください。


日時:2020年10月9日(金)18:30〜19:30(Zoom開場18:20)
※事情により、開催時間が変更となりました。恐れ入りますが、どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


開催方法:Zoomを用いたオンラインセミナー方式(定員500名・先着順)
※英→日・日→英の同時通訳を予定しています

対象:気候変動に関心のあるビジネスパーソン、政治行政・自治体・市民団体の関係者、研究者、学生、ユース、一般市民など

Oct 9, 2020 06:30 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

878 5427 7551
Webinar logo
Your registration has been canceled. Please contact the webinar host with any questions.